よい営業チラシを作るコツ

よい営業チラシを作るコツ

HOME » 営業チラシのコツ » よい営業チラシを作るコツ

営業チラシを作って効果を出すコツは、デザインをしっかりと考えることも重要です。
ただし、あまり凝りすぎてしまうと、逆に効果が出なくなってしまうので注意しないといけません。

デザインで重要視することはいくつかあるのですが、まずはレイアウトでしょう。
レイアウトがバラバラでは、まとまりのない見にくい営業チラシになってしまいます。
レイアウトは端をしっかりと揃えることや、まとまりを持たせることが大切になります。
レイアウト以外にも重要な点はたくさんあるのですが、色の使い分けをすることも重要になるでしょう。
色の使い分けも多用すればよいというわけではなく、よく考えて使わないといけません。
色を多用していなくても、営業チラシに合っていない色を使っていると、読みにくくなってしまうでしょう。

重要なのはインパクトを与えることと、1番先に見てもらうことです。
特にインパクトを与えたい文面や、最初に見てもらいたい場所は、文字の大きさも変えておく必要があります。
小さくしては意味がないので、通常は大きく表示することが多いでしょう。
これをフォントというのですが、フォントの使い分けも、デザインの重要な部分になっています。
フォントには明朝やゴシック体など数多く存在しているので、適当に決めてしまうことが多くなっています。
ちょっとした文字の違いによっても、見やすさや相手に与える印象というのはかなり変わってくるのです。
ただし、色と同様にあまり多用しすぎるのはよくありませんので、1枚の営業チラシに対して、2種類から3種類ぐらいに抑えておくのがよいでしょう。
普段よく目にするフォントではなく、あまり見慣れていないフォントを使用するというのもよいデザインにするコツです。

そんな営業チラシの中で、最も重要になるのがキャッチコピーです。
どのような内容を人に伝えたいのかを明確にして、最も目立つ場所にはっきりと記載しなければいけません。
そのため、キャッチコピーは大きな文字を用いることや、他のところとは別の色を用いるなどして、目立たせる必要があります。
誰にでも理解できるような文面で、まとめて短くすることもキャッチコピーでは重要なことです。
専門用語などは用いるべきではないでしょう。
大半の人は、キャッチコピーを見て営業チラシの内容を読むか読まないか決めることが多いのです。
興味がない内容や、よく意味が理解できないような内容の場合には、即座にごみ箱へ捨てられてしまうので、とても重要になります。

このような点を理解して作成するのが、営業チラシのデザインのコツだと言えるでしょう。