営業チラシで重要なデザイン

営業チラシで重要なデザイン

HOME » 営業チラシのコツ » 営業チラシで重要なデザイン

営業チラシを作る場合、重要なことがいくつか存在しています。
その1つがデザインなのですが、それほど凝る必要はないものの、ある程度は人の目を引けるように作成しないと効果が出ません。
では、どのようなデザインにするのがよいのでしょうか。
重要なのは何を目的として営業チラシを作っているのかが大切になります。
目的に沿ったデザインを作成しなければ、何も意味はありません。

例えば引っ越し業者が営業チラシを作成する場合、トラックや荷物の画像を使うことが多いでしょう。
なぜなら引っ越しに関係していますし、誰が見ても引っ越しの営業チラシだとすぐに理解することができるからです。
内容と関係のないデザインは絶対にいけませんし、関係があっても、一般の人が見てわからないようなのはいけません。

さらに売りにしている内容が一瞬で分かるようにすることも重要です。
先ほど引っ越し業者を例に挙げたので、同じように例を挙げてみますが、何月何日から30日以内に引っ越しを行うと、通常の料金よりも20パーセントオフの料金で利用が可能というサービスを導入したとしましょう。
このような場合には、日付と何パーセントオフの価格で利用できるという文字を一目見ただけで分かるようなデザインにしなければいけません。

もちろんレイアウトも重要になります。
配置場所によってもわかりにくくなる場合もあるので、多くの人が最初に目にする場所に配置するのがよいのです。
逆にあまり強調しすぎてもいけませんので、くどくならない程度のデザインにする必要があります。
しっかりと見てもらえるように太い字で大きく記載し、色を変えて配置する人もいるのですが、これではすぐに捨てられてしまうでしょう。
周りの色合いや文字の大きさなどに合わせて考えなければいけません。

キャラクターや芸能人などの写真を用いる場合もあるのですが、この場合には真ん中に配置するのではなく、右端か左端に配置をして、他には大きな写真を用いないようにしましょう。
画像だらけになってしまうと、何を伝えたいのかわからなくなってしまうからです。
キャラクターを用いない場合には、ある程度画像を大きくしても問題はないのですが、たくさん用いるべきではないでしょう。
文字と画像のバランスを考えたデザインにしないと、営業チラシを読んでもらうことができなくなります。
読みやすく簡潔にすることと、どのような内容なのかがすぐわかるデザインにしましょう。
そうすればあまり凝ったデザインにしなくても、多くの人に営業チラシを読んでもらうことができます。