営業チラシのレイアウト

営業チラシのレイアウト

HOME » 営業チラシのコツ » 営業チラシのレイアウト

営業チラシを作成するのであれば、レイアウトにも注意しないといけません。
適当に文字や写真を配置したのでは、きちんと見てもらえない可能性があるからです。
まずはレイアウトの基本から勉強しておく必要があるのですが、とても分かりやすいので、すぐに理解することができるでしょう。
簡単だからと言って、ないがしろにしてしまうことで、変なレイアウトになってしまうこともあるので注意しないといけません。

基本となるのは3つだけで、1つ目は揃える、2つ目はまとめる、3つ目は分けることです。
これだけ把握しておくだけでも、営業チラシの見栄えというのはかなり変わってくると言えるでしょう。

まずは1つ目の揃えるという点ですが、文章を載せる場合には、文章の端が揃っていること、画像を使用する場合には、画像の端が揃っていることが大切です。
営業チラシはパソコンで作成することになるので、画像でも文章でも左端を揃えるようになることが多いでしょう。
画像を複数用いる場合には、できるだけ同じ大きさにして、両端や高さを揃えて使うことが望ましいと言えるでしょう。
これだけで営業チラシが整って読みやすくなるのです。

2つ目はまとめるという点ですが、たくさんある情報の中から、営業チラシに記載できるのはほんの僅かになっています。
それを不特定多数の人にわかりやすく伝えるためには、しっかりとまとまりがなければ意味がありません。
全体の構成をわかりやすいように作成することで、まとまったよい営業チラシになると言えるでしょう。
ただし、あまり単調になってしまうと、逆に読みにくくなってしまうので注意が必要です。

3つ目は分けるという点ですが、より重要な情報に関しては、太字を用いることもあれば、色を変えることもあるでしょう。
これが分けるということなのですが、全て同じ色で同じ大きさの文字を用いているようでは、レイアウトが単調になりすぎてしまいますし、逆にどこから読めばよいのかわからなくなってしまい、すぐに捨てられてしまう可能性が高くなります。
そうならないためには、強調して伝えたい場所の色や大きさを分ける必要があるのです。

これがレイアウトの基本になるのですが、これだけ知っているだけでも、営業チラシの内容というのはガラッと変わります。
もちろんこれだけ知っていれば、効果の出る営業チラシができるというわけではないので、他にも注意しなければいけない点はたくさんあります。
小さな紙に必要不可欠な情報だけを記載して相手に伝えるというのは、とても難しいことなのです。