営業チラシの制作方法

営業チラシの制作方法

HOME » 営業チラシのコツ » 営業チラシの制作方法

営業チラシを見かけることは多いでしょうが、どのように制作されているのか知らないという人もいるでしょう。
デザインを決めて印刷していることぐらいは誰でもわかるでしょうが、実はかなり高い技術や知識が必要になるのです。
どのような営業チラシでもよいのであれば、パソコンとプリンターがあれば誰でも作れますが、効果の出る営業チラシを作るのであれば、そう簡単にはいきません。
もちろんパソコンとプリンターは必要になるのですが、ソフトがないと作成するのは難しいでしょう。

基本的にはデザインのレイアウトと文字を記載することができれば、どのようなソフトであっても制作が可能ですが、できればフォトショップやイラストレーター、ファイヤーワークスと言ったアドビのソフトがあるのが理想です。
これらのソフトがあれば、かなり細かいデザインの作成もできるでしょう。
逆に簡単な作成方法でよいのであれば、フリーソフトを使っても問題はありません。
最初からインストールされているマイクロソフトオフィスのソフトでも作成することが可能です。

中には写真撮影をして、後はワードやパワーポイントで作成する人もいるのですが、頻繁に営業チラシを作らなければいけない場合や、営業チラシを制作することで利益を得ている業者などは、やはりアドビの本格的なソフトが理想です。
文字を書くソフトと、画像を加工するソフトがないと厳しいので、最低でもこの2つのソフトはインストールしておくべきでしょう。

完成したらブラウザで確認を行い、問題なければ印刷をして完成なのですが、印刷も家庭用ではきれいに印刷できない場合があるので、業務用を用いるべきでしょう。
OSもウィンドウズよりデザイン性に優れているマッキントッシュを使うのが理想です。

このように制作を行うのですが、ソフトがあっても使いこなせなければ意味がありませんし、ソフトを使いこなせても、効果が出る営業チラシを作ることができなければ意味がありません。
よってソフトを取り扱う技術だけではなく、どのようにすれば効果が出るのかを知るための知識も必要になるのです。
そのため、自社で営業チラシの作成を行う業者もあるのですが、大半のところはチラシを作成する職人に依頼をすることが多いのです。
なぜなら営業チラシを作っても、効果が出なければ意味がありませんし、本来行うべき業務の時間を削らなければいけなくなるので、多少お金を支払っても業者に依頼したいと考えるところが多いからだと言えるでしょう。